とらたん めもりぃず


リアルな話が多いですよねw ロゴの感想もまってますw
by happy-torachan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
generic job ..
from generic job ap..
chanel handb..
from chanel handbag..
free gay sex..
from free gay sex v..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
runescape pa..
from runescape pass..
pipsqueaks r..
from pipsqueaks roc..
ios files
from ios files
ken hirai mp3
from ken hirai mp3
pelican sele..
from pelican select..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Stray Cat Story( 4 )


野良猫物語 No4

■前文■
暇だから更新するんですよw
さて・・。もしかしたら、初めて読む人もいるかと思います。
そんな人は

必ずNO1から読んでくださいね?
意味わからなくなりますからw

さて、今回は別れです。
たいしていい別れじゃないです^^;
それじゃ書こうかな。


■四話「野良猫 離れ離れ」■

野良猫は、私立を希望しなかった。
元々やる気のない野良猫は、私立をすべり止めでうけ、
もしそこに受かり、公立に落ちたとしても
私立に行く気がなく、どうせ辞めるからと考えていたからだ。
なのに担任とは、野良猫の心配なのかおせっかいなのか、
私立を受けろ、と何度も言う。
野良猫は意思を貫いて、公立一本で行くことを、決めた。

ある日、メス猫と話をしていたときだ。
野良猫はメス猫の進路先を訪ねてみた。
「○○女子高等学校」
野良猫は一通り付近の高校は調べていたが、
女子高等学校があるのは、ほんの数件。
そのどれにも聞いたことのない学校だった。

「東京の学校なんだ」

それを聞いたとき、野良猫は少し戸惑った。
野良猫の脳裏を、一つの言葉がかすめた。
会えるのか。
野良猫は、ここから通うのか、たずねた。
だがそれは、聞いてはならない答えだった。

ここからじゃ数時間かかっちゃう・・。
家族で東京に移住するんだ。
だから・・。

野良猫は衝撃をうけた。
ここまで心を開けた仲間が、卒業と同時にいなくなってしまう。
中学生のお金で東京に行くなど、帰ってこれなくなる。

二匹は黙りこくった。
太陽は赤く夕日になり、学生も少なくなった学校。
そんなとき、メス猫が口を開くのだった。

もうこっちには戻らないかもしれない。
だけど、とらは頑張ってね?
私がいなくても、また孤独にならないでね?

野良猫のことを「とら」と呼んでよかったのは、
そのメス猫だけだった。
自分の心が開ける人だけに、呼んでほしかった。
野良猫は不安だった。
このメス猫がいなくて、本当に大丈夫だろうか?
自分はそこまで強くなっただろうか?

野良猫はメス猫に軽く頭を叩いた。
よく野良猫が、メス猫が落ち込んでいるときにする仕草だった。
とらは中学生で、家族以外に見せなかった涙を、
いま見せてしまった。


野良猫は決心した。
高校で、きっと孤独の扉を切り開くと。


野良猫は、推薦で合格した。
メス猫も、難関だったその女子高校に、見事合格した。
人が来ないと思った野良猫の高校には、
11名の応募者がいて、そのうち9名が合格した。
少し嫌な気もあったが、野良猫は耐えた。
約束のため。

卒業式。
そのあとで、野良猫とメス猫はあった。
だが、そこで会話をすることはなく、
一言で去った。

「元気でね」

野良猫は、去っていくメス猫を、少ししか見送ることはできなかった。
野良猫は家に帰り、丸くなった。
この涙は、ここで終わり。もう二度と流さない。

中学生は終わった。
4月。野良猫は新しい校門をくぐった。
ここで自分は変わる。
いや、変えようと意気込み、
高校生活をスタートした。


■今回のあとがき■


長い(・ω・)
ふふ、まぁいいじゃないか。
これで高校生活のスタート。

これで終わりとおもった?
実は野良猫物語、まだまだたくさんあるんですよ。

高校で変わろうと意気込む野良猫。
しらない人が多いところで、なんとか友達を作る。
だが、そこで間違った道をとってしまう。
そこで追われる野良猫・・。まぁこれは
あとにしましょう^^

次回は高校最初、また再び「出会い」でしょうかねw^^
[PR]

by happy-torachan | 2006-04-06 02:26 | Stray Cat Story

野良猫物語 No3

■前文■
とても遅い更新となってしまいました。
執筆者も色々忙しいということです。

No3は「噂」の話ですね。
おいら、とてもこれ大嫌いです。えぇ。
まぁ今ではそんなに気にしないようになったのですがw

また長いのでしょうねorz
ゆっくりしっかり読んでくださいね。


■三話「野良猫 怒る」■
ちょっとしたことから知り合った野良猫とメス猫は、
毎日話すようになっていた。
滅多にメールなど使わない携帯電話にも、
そのメス猫を登録してあるのは、野良猫自身から
話しかけたからだった。

雄と話すのはまだしも、雌と話すことなど
もってのほかイヤだった。
恥ずかしいからだったのだろう。
だが野良猫は、徐々にその殻から抜け出そうとしていた。


ある日のことだった。
委員会が同じことから少し話していた男子生徒が、
気になることを、野良猫に話した。

お前たち、付き合ってるのか?

最初はなんのことだろうと思い、野良猫は聞き返した。
聞けばそれは、野良猫とメス猫が仲がよいから、噂になっているみたいだ。
付き合っているわけではなく、ただの友達であった。
好きなわけでもなかった。
そして、恥ずかしくて、野良猫は不快に思った。

幾日がたち、その噂はより広まっていくだけであった。
勝手に付き合っていることとなっていたり、
周りの目も変わってきていた。
そこまでは気にしていなかったが、
メス猫の変化によって、野良猫の心はゆっくりと
折れていった。
野良猫に噂が届くように、
またメス猫にも届いているのであった。
メス猫はそれをとても痛く思い、ガマンしていた。
メールのやりとりも、ほとんどその噂のことだった。
慰め、励ますことしかできない野良猫は、次第に怒りを覚えた。

野良猫は、完全に牙を剥き出していた。
噂を話す者は全てに攻撃的な目を向けた。
それは学校の不良共にも同じで、よくちょっかいを出された。
野良猫は、自身への攻撃はなんとも思わなかった。
なによりも、メス猫への攻撃が怒りだった。


ある冬の日。
野良猫とメス猫は、初めて学校以外で会った。
最初は笑顔だった二匹も、次第に笑顔を忘れた。
メス猫が涙を流すのを、野良猫は気づいた。
そのとき野良猫は、金棒で殴られた気分になった。
決してなくような人ではないと思っていたのもあるが、
なによりも、泣かせてしまったことが辛かった。

それからは思いふけるだけだった。
なぜ自分は周りを攻撃してしまうのか。
なぜ自分はここまで怒るのか。
この怒りはなにを産み出し、あの人を助けることになるのだろうか。

受験戦争が終わりに近づく2月の末。
私たちが卒業を迎えるのと同じく、噂もまた卒業を迎えようとしていた。
静かになってきた。
野良猫も落ち着いて、メス猫も少し落ち着き、
二匹共、受験に熱を入れられた。

噂は野良猫を少し成長させたかわり、
「悩み」への闇へ落としたようだった。
牙を覆い隠し、高校で変わろうと思っていた。
だから
中学の人があまり来ないだろう、高校を選んだ・・。



■今回のあとがき■
へぇ。。
面白みのない内容になったなw

私は噂って大嫌いでした。
自分の噂なら別に気にしなかったが、
周りを巻き込む噂が大嫌いでした。

まぁ今じゃあまり気にしないようにしてます。

噂って子供っぽく思って。

大人になろうとか、考えてたわけです。
まだまだ子供ですがね。


さて、次回は「別れ」ですかね。
そう運命って都合よく作られてませんからw
[PR]

by happy-torachan | 2006-04-04 17:55 | Stray Cat Story

野良猫物語 No2

■前文■

予定より素早い更新となった。
それは今日が祝日だからだろう。
まだ一話の掲載から14時間しかたっていないけれど、
二話を載せたいと思う。

二話は「出会い」が中心の話。

また数時間かかるんだろうな・・・。
書く文も長いしね・・・



■二話「野良猫 出会う」■

私は知らぬ間に、中学三年生となっていた。
私はその頃、生徒会本部所属二年目を迎えていた。
内申がほしかったためでもある。

私は部活は、柔道部に所属していた。
地区最弱と言われる部だが、体力が作りたくて入部した。
OBも小さい頃から知っている、整骨院の先生だったからだ。
三年間、とりあえず真面目に通ったが、
強くはならなかった。


学校生活では、休み時間に私は常に教室の机で
寝ていた。
誰も話しかけてこない。私は幸せだった。
日向で寝るのが好きな私は、日の当たる窓際に、
自分の席があるのがとても嬉しかった。
そこで寝るために、学校に来ていたようなものだ。

とある日、私を呼ぶ声がする。
快眠を邪魔され不機嫌な私は、その声のする方に顔を向ける。
学年でトップの学力を誇る、メス猫だった。
進学先はどうするのなどと、慣れなれしく声をかけられ、
当然のごとく私は、知らんといって突き放した。

だがその猫は、何度も慣れなれしくも私に声をかけてくる。
なぜ私の険悪な雰囲気に気付かないのか。
私はとても不快だった。

ある日のことだった。
今まで適当に流していたが、ある話に私の耳がとまった。
孤独。
最初は私のことを言っているのだと思ったが、その猫は
自分自身のことを話していた。

その猫も、頭がいいなどといって、周りから愚痴を言われたり
馬鹿にされたり、軽いイジメを受けていたらしい。
私は学力に冴えてはいなかった。だから頭がいいからいじめられる、
ということに、少々腹立たしいところはあった。

だが、その猫が悲しそうに話しているのを見て、
私は威嚇することができなくなっていた。
いや、共感を覚えた私は、威嚇する理由がなくなっていた。

孤独という深く暗い闇に埋もれていた私は、
一人の仲間を見つけた気分だった。
その話はすぐに終わったが、
私はそのメス猫に対して、少し興味があった。




■今回の あとがき■

中途半端に区切る。
だってここが、「出会い」の話の終わりですから。

新しく登場したそのメス猫は、
別に可愛いわけでなく、人気があるわけでもなかった。
まぁいじめられれば人気はないって言うものですかね。
それでもって、私はその猫に対して恋心なんてのは抱かなかった。
ただ、仲間だけでした。


次回三話は、「噂」の話です。
楽しみにしなくていいです。
[PR]

by happy-torachan | 2006-03-21 14:41 | Stray Cat Story

野良猫物語 No1

■前文■
別に、内容に意味とかあまりありません。
ただ自己満足で書いた文章です。

野良猫物語は、ドッカの誰かサン(マァ自分)の、
いままでの反省文とか、人生録みたいなもんです。
ぶっちゃけていうと、
いい加減だし、
ふざけてるし、
思い込みだし、
ジコチューなとこあるし、
馬鹿げている。
そんな物語。

とりあえず公開。
ネガティブなお話でもあるけど、
とらに共感とか、なんか感じてくれたら嬉しい。

ぁ、長いから何回かに分けてます。
物語みたいでいいね。



■一話「野良猫に なる」■

私はいつごろから野良猫なのか。
そもそも私の言う「野良猫」とはいかなるものか。

野良猫とは、いわば飼い主がいなく、家もない猫である。
毎日外で活動し、キャットフードがあるわけでもないので、
ゴミを漁ったり、人間に物乞いするだけである。
悲しい目に合っている猫、といったところだろうか。

人間である私が、なぜ野良猫なのか。
別に私に耳が生え、尾が生えたわけではない。
私は自分を、野良猫に例えただけである。
子供がヒーローになりきったりするように、
子供染みたことをしているだけである。


私の言う、例えた野良猫とは
「孤独」となってしまった猫のことだろう。

そういうと、なんだか怒られそうだ。

私は、野良猫になったのは
多分幼稚園児から野良猫だったのだろう。
一応野良猫の私にも、少ないが友人がいる。
だが、理性も発達しておらず、無邪気に生きている幼児期は
名も知らぬ人に気軽に声をかけているだけ。
そんな感じだった。

野良猫をとても感じてきたのは、
中学生だ。
今思えば中学の自分は「一匹狼」という言葉に
当てはまる部分があった。
団体行動が苦手で、一人でいた。
行動しなくても、遊ぶのも一人。
とにかく一人が大好きだった。

そのうち、「孤独」というのに慣れていく野良猫だった。
そして、殺人などのニュースを見るたびに、
人間が嫌いになっていった。
近所の人には挨拶をしなくなっていた。
町でティッシュを配る人には怒りがあった。

学校でも、友達に対して威嚇するような暴言を吐いたり、
突き放そうとしたりする。
だが、攻撃はしない野良猫であった。
ただ、鳴いて鳴いて、とにかく鳴いて相手を威嚇していた。

段々と友達が減り、友達との喧嘩など日常茶飯事になってきたのだった。
だから私は、中学にいい思い出などないのだ。
春や秋に、日向で寝るのが大好きな、野良猫だった。



■今回のあとがき■

ここまでが一話。
長くてどうもすいません。

私は、「人を嫌い、孤独を好む野良猫」だと思っています。
学校にいっていたのは、義務教育だから、という意味が一番多いです。

今思えば、「馬鹿だな」って思います。


この先のお話ですが、
更新は気分次第です。
話すの苦手なんです。
これ、書き始めが22時40分で、終了したのが0時回ってますからね。

二話は、出会いの話です。
野良猫は三年生になり、孤独の闇に完全に浸りつくします。
そこから高校の今ではほとんど抜け出しています。
きっかけをくれたのは・・・もう一人の猫。

まぁ楽しみにするもなんも
待たなくてもいいですよ?w

クレームきたら途中終了です^-^
それでは。
[PR]

by happy-torachan | 2006-03-20 22:41 | Stray Cat Story